プライバシーポリシー

「Awesome!!」運営事務局(以下、「当局」)は、各種法的サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。
当局は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いを実現致します。

1.個人情報の取得について

当局は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得致します。

2.個人情報の利用について

当局は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で、利用致します。
以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

3.個人情報の安全管理について

当局は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

4.個人情報の委託について

当局は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。また、コンサルティング、プライバシーマーク申請、ISMS申請業務におきまして第三者と共同して業務を遂行する場合に個人情報の取り扱いを委託する場合があります。

5.個人情報の第三者提供について

当局は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。

6.個人情報の開示・訂正等について

当局は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。
その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。
個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。
その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。

7.本方針の変更

本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、 当局が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

利用規約

「Awesome!!」運営事務局(以下、「当局」)は、各種法的サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。 当局は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いを実現致します。

第1条(規約への同意)

利用者及び会員は、本サービスの利用にあたり、本規約に同意したものとみなされます。 利用者が未成年である場合は親権者などの同意の上本サービスを利用してください。

第2条(変更)

当局はいつでも本規約を予告なく変更及び追加することができるものとする。

第3条

当局は「Awesome!!」への投稿機能を提供する役割で、利用者が本サービスから得た情報による一切の行為またはその結果について当局は一切の責任を負わないものとします。 当局は、本サービスについて、いつでも任意にその内容を変更し、中断し又は終了することができるものとします。 当局は、本サービス内での投稿情報について、管理義務、削除義務は負わないものとします。 当局は、コンテンツの精度、完成度、最新性、正確性、妥当性、道徳性、安全性、適用性、有用性、可用性、第三者への権利侵害等について保証いたしません。利用者は、自己の責任と判断において本サービスを利用するものとします。 利用者は自らの責任に基づき本サービスを利用するものとし、本サービスを通じての行為に対しての紛争、損害賠償の請求などに関しては自らの費用と責任で対応するものとします。 当局が保存するデータに関しては、保存内容に関して一切の保証を行わないものとします。また、本サービスで保存されるデータの消失やサーバ稼働停止に対する紛争、損害賠償に関しては一切を免責されるものとします。

第4条(会員登録)

本規約に同意の上、当局の所定手続きにより申し込みをするものとします。 会員は、登録内容に変更のあった場合、すみやかに当局に届け出るものとします。 届出がない場合、登録内容の変更がないものとして取り扱うことができるものとします。

第5条(ID・パスワード)

会員は当局が付与するID・パスワードの管理及び使用についての一切の責任を負うものとします。 会員はID及びパスワードを第三者に利用、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。 ID及びパスワード並びにID及びパスワードを入力した装置の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による不正使用及び損害の責任は会員が負うものとし、当局は一切責任を負いません。 会員は、定期的にパスワードを変更する義務があるものとし、その義務を怠ったことにより損害が生じても当局は一切責任を負いません。 当局は、ID及びパスワードが不正に使用されていると判断した場合、会員への事前の通知なしに、会員の会員資格を停止できるものとします。 その場合、会員やID及びパスワードの利用者が本サービスを利用できず損害が発生しても、当局は一切の責任を負わないものとします。

第6条(投稿について)

利用者が本サービスを利用し投稿した情報の著作権は原則当局に帰属するものとします。 利用者は本サービスを利用し投稿した情報に関して、当局に対し無償で非独占的に、複製、使用、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、上映、展示、提供、販売、譲渡、貸与、翻訳、翻案などができる権利および二次的著作物に関する現著作権者の権利(著作権法21条ないし28条の権利をいい、商用利用を含む)を譲渡したものとします。 利用者は、当局が利用者から許諾された権利に関して、本サービスの範囲内に限り、他利用者へ1号に記載の現著作者の権利の許諾をすることを許諾するものとします。 当局は、本サービスにおける投稿内容について、自由に審査、掲載可否の判断、投稿の編集、削除をすることができるものとします。

第7条(解約)

会員は、当局所定手続きにより退会することができます。 会員は契約の解約時に、データのバックアップ等は会員の自己責任とします。 当局は解約後のデータの保持に関しては何ら責任を負わないものとします。 会員は契約の解約時に、投稿データを含む本サービスにおける会員の権利は一切失うものとします。

第8条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用に際して、以下に記載することを行なってはならず、また、以下の記載事項をおこなわないことを保証します。 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為。 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為(過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、モザイク、ぼかしの有無、美術性に係わらず、下着姿を含む露出度の高いヌード、胸や臀部等のアップや性器が露出した写真等、その他卑猥と判断される画像・映像(動画)・イラスト・絵画の掲載、および性行為や性器に該当する言葉、その他猥褻的な表現の掲載行為、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を投稿、掲載、公開、送信する行為などを含みます)。 当局または第三者の権利(著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を広く含みます。)を侵害する行為。 当局または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為。 当局の事前の同意を得ずに営利を目的として本サービスを利用する行為、異性との出会い、交際等を希望することが主な目的と認められる行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為。 宗教活動または宗教団体への勧誘行為。 許諾なく第三者の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを収集、開示または提供する行為。 当局による本サービスの運営または他の利用者による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為。 上記のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為。 その他、当局が不適当と判断した行為。 当局は、利用者による記述情報が本規約に違反する場合、その他当局が不適当と判断した場合には、投稿内容の一部または全部を消去することができるものとします。

第9条(本サービスの広告、内容の変更及び停止、中止、中断、廃止)

当局は本サービスに当局または第三者の広告を掲載することができるものとします。 当局は当局が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、その提供を中止することができるものとします。 当局は本サービスに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などがないことを保証しておりません。当局は、利用者に対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。 当局は、業務上の都合により、会員に対して提供している本サービスの全部または一部を変更、停止、中断、廃止する場合があります。当局は、本サービスの廃止により会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第10条(損害賠償)

当局は会員が本サービスを利用した内容に関する一切について何ら責任を負いません。 当局は、本サービスに関して利用者その他の第三者との間で発生した一切のトラブルについて関知しません。 会員が本サービスを利用することにより、他者に迷惑または損害を与えた場合は当事者間の責任において解決するものとし、当局は一切責任を負いません。 会員は法律の範囲内で本サービスをご利用ください。 本サービスの利用に関連して会員が日本及び外国の法律に触れた場合でも、当局は一切責任を負いません。 当局は、不足の事態または通信の状態等が原因による不都合または損害に関して一切責任を負わないものとします。

第11条(免責事項)

本アプリのご利用にあたり当局の責に帰す事由によりお客様が損害を被った場合、当局は、一切の賠償の責を負わないものとします。

第12条(準拠法、管轄裁判所)

本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。本サービスに起因または関連して利用者と当局との間に生じた紛争については東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。かかる管轄裁判所で得られた勝訴判決は、いずれの国の裁判所においても執行可能とします。

第13条(存続条項)

その他本利用規約に定めのない事項については、別途当局の定めるところに従うものとします。 本利用規約のいずれかの規定が管轄権のある裁判所により無効である旨判断された場合には、かかる規定は、法律が許容する限りで、本来の規定の趣旨を最大限実現するように変更または解釈されるものとし、 また、本利用規約のその他の規定の効力には何らの影響を与えないものとします。

第14条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、すべて日本国法が適用されるものとします。

最新更新日
2014年5月15日