新着

衝撃スクープ!フォークで刺されたはずの盲導犬オスカー「実は刺されてなんか、いなかった」日本中が激怒した事件に意外な新証言が……

「盲導犬オスカー刺傷事件」はあまりに大きな反響を呼んだ。しかし、3ヵ月が経った今も、犯人は捕まっていない。一体犯人はどこにいるのか。取材を進めるうちに衝撃の事実が浮かび上がってきた。

警察が隠していること

 「もう、いいじゃないですか、その話は……」

 盲導犬オスカーの近況について尋ねると、飼い主の近所に住む住人たちは、異口同音にそう答えた。その口ぶりは、まるで何か言いにくいことを隠しているようにも取れた。

 今年7月、盲導犬オスカーが何者かに背中を刺されて大騒動となったのは、記憶に新しい。

 埼玉県さいたま市に住む全盲の男性(61歳)が連れていたオスカー(オス・8歳)が被害に遭ったのは、男性が自宅を出て職場に着くまでの、通勤経路のどこかだと見られる。

 「フォークのようなもので強く刺された」という獣医師の診断を受け、飼い主は警察に被害届を提出した。

 その時の心境を飼い主はこう語っている。

 「犯人には『自分で自分の体を刺してみろ』と言いたい。同じ赤い血が出るだろうと。抵抗できない犬を狙うなんて許せない……」

 通常、「犬の傷害事件」の被害届を警察が受理することはありえない。だが「オスカー事件」は日本中で話題になったこともあり、埼玉県警は異例の30~40人の捜査員を投入し、捜査に当たった。

 「犯行」は白昼の、人目につく場所で行われたわけで、当初「犯人」の逮捕は時間の問題と思われた。だが、事件から3ヵ月が経過した今も、犯人逮捕の一報はもたらされていない。それどころか「埼玉県警は今、頭を抱えているんです」と明かすのは、地元支局に勤める全国紙の記者だ。

 「もちろん、犯人を捕まえられないことに悩んでいるのですが、それは捜査が行き詰まったからではありません。捜査すべきことはすべてやりきった。でも手がかりや目撃証言が何一つ集まってこないんです。

 実は県警幹部は、一つの『結論』に到達しようとしています。その結論を私たち地元の記者も地元民も知っていますが、とてもじゃないけど紙面には書けなくて……」

 封印されている結論は、こういうことだ。

 この事件は警察が犯人を捕まえられないのではない。そもそも、最初から犯人なんていないのだ―。

 オスカー事件が公になった直後は、日本中で怒りの声が上がった。

 「盲導犬をフォークで刺すなんて人間じゃない」、「飼い主にとっては自分が刺されたのと同じ」といった声が巷には溢れ、芸能人や文化人、政治家までもが怒りのコメントを寄せた。愛犬家で知られる川島なお美やデヴィ夫人らは、「犯人を絶対に許してはならない」と憤慨した。

 しかし、こうして日本中が激怒し、憎んだその犯人が「存在しない」とは一体どういうことなのか。本誌は事件の真相を追った。

 警察の捜査はまず「犯行現場の特定」から始まった。男性の自宅から最寄り駅まで、そして降車駅から職場までの経路は、目立つはずなのに目撃証言もなく、路上での犯行の可能性はない、と断定した。

 電車内でフォークを取り出して犯行に及ぶとも考えにくく、そうすると必然的に駅構内での通り魔的犯行、ということになる。この二つの駅に捜査員が集中的に投入された。

 「3000枚のビラを配布し、聞き込みを行いましたが、何より期待されたのは防犯カメラの映像です。駅に設置されている100台以上の防犯カメラを、夜通しで徹底的に解析しました」(捜査関係者)

 しかし、防犯カメラに映っているはずのオスカーが刺される瞬間が、一向に見つからない。それだけではない。捜査関係者が続ける。

 「オスカーはこの日、犬用のシャツを身に着けていました。フォークで刺されたのなら当然、このシャツには穴が空いているはず。ところが不思議なことに、シャツには刺された跡がどこにもなかったんです。

 オスカーが刺されたとすれば、犯人は一度シャツをめくって刺して、再びシャツを元に戻して逃走したことになる。こんなことをすれば余計に目立つはずです」

 それなのに、防犯カメラにはそのシーンが映っておらず、目撃者も現れなかった。さらに、前出の全国紙記者が言う。

 「オスカーは大型犬のラブラドール・レトリバーで、皮膚は相当分厚い。片手で服をまくり上げて、もう片方の手だけで、あそこまで深い傷をつけるのはかなりの力が要ります。

 もし刺されていたら、相当な痛みがあるはずなので、なにかしらアクションを起こすと思うんですが、飼い主は『オスカーが鳴き声を上げたり、暴れたりするような気配はなかった』と言っています」

 一部では「盲導犬は何をされても吠えないよう訓練されている」という情報も流れたが、盲導犬協会関係者によると「盲導犬は痛みに耐えるような訓練は受けていない」と言う。

 いくら飼い主に忠実な盲導犬とはいえ、自らの身に危険が迫った時には、防衛本能が働くだろう。声すらあげないというのは「フォークで強く刺された」という犯行様態と矛盾する。

 埼玉県警武南署の副署長は苦渋を滲ませながら、本誌にこう語る。

 「監視カメラにオスカーが映っていたか?それは捜査の関係上申し上げることはできません。一つ言えるのは、オスカーと一緒に怪しい人物が映っていたとしたら、とっくに捜査をしているということです。

 市民からも『早く犯人を逮捕して』、『警察は何をやっているんだ! 』という叱咤激励のお電話をいただき心苦しい。しかし、なにせ情報がない。我々としても、今は動きようがない、というのが実情です」

 広報担当である所轄の副署長が、ここまでハッキリと捜査の難渋を認めることは極めて珍しい。副署長は「捜査をやめますとは、もちろん言えない」とも漏らした。それはつまり、表向き捜査は継続中だが、実のある捜査が行われていない、ということだ。

 白昼の駅構内の犯行で、警察がこれだけ探しても犯人が見つからない。

 「それが何を意味するか?この事件には、『犯人はいない』ということです」(前出の捜査関係者)

 オスカーは刺されていなかった。これがどうやら、この事件の真実なのだ。

診断した獣医師の戸惑い

 ではなぜ、オスカーは傷を負い出血していたのか。それについて今、予想外の見立てが浮上し、それが県警内部でも徐々に広がりつつあるという。

 その見立ての中身を明かすのは、東京都渋谷区にある、どうぶつ病院ルルの塩谷朋子院長だ。彼女によると、オスカーは「ただの『皮膚病』だった可能性がある」というのだ。

 「獣医師の間ではそういう意見が少なくありません。写真の傷跡は、大型犬が夏にかかる『膿皮症』によく似ています。数日前から腫瘍ができていて、膿が溜まって、それが破裂した傷跡だと考えても、不自然ではありません。その傷跡がフォークで刺されたように見えたのではないでしょうか」

 皮膚病はラブラドール・レトリバーがもっともかかりやすい病気の一つである。ニキビのような小さな腫瘍が毛の下にできて、やがて弾けて出血する。その傷跡は穴が空いたようになり、まるで鋭利な刃物で刺されたようにも見える。

 本誌は最初に「フォークで刺された」と診断した、なぎの木どうぶつ病院の内田正紀院長の元を訪れた。すると内田獣医師から、思わぬ答えが返ってきた。

 「最初から私は『フォークで刺された』と断定はしていませんよ。皮膚病の可能性も十分あると思っていました。ただオスカーをうちに連れてきた飼い主の友人の話によると、飼い主は『オスカーが耳を掻くのも分かる』と言うほど、行動を把握しているという。そして、その飼い主が『出血の数日前に皮膚に異常はなかった』と言っていると聞いたので、刺された可能性も否定できないと答えたんです。

 私の診断が発端で、これほどの騒ぎになってしまい、戸惑っているのも事実です」

 「オスカー事件」がここまで広く拡散したキッカケは、飼い主の職場の同僚の家族が、義憤に駆られて送った朝日新聞への一通の投書だった。その投書にはこう書かれていた。

 〈全盲の方の愛犬が、お尻をフォークのようなもので刺されました。(中略)こんなことをしたあなた。これは、いたずらでは済まされないことですよ〉

 飼い主の知人が語る。

 「そもそも犯人はいなかった、という疑念は投稿した方の耳にも入っています。でも彼だって、まさかここまで話が大きくなるとは思っていなかったでしょうから、責めるのは酷です。

 責められないのは、飼い主も同じ。彼はオスカーが『フォークで刺されたかもしれない』と告げられ、これまでの取材に対し怒りを露にしていましたが、それは当然のこと。今では犯人がいなかったことにも薄々気づいていると思いますよ」

飼い主は自宅でひっそりと

 本誌記者は、飼い主に会うため自宅マンションを訪れた。男性は現在、マッサージ師の仕事を辞め、自宅で療養中だという。

 玄関扉の脇に小さなサッシがあり、少し開いた窓からテレビの音声が漏れている。インターホンを押す。

 ―こんにちは、『週刊現代』と申します。

 「……はい」

 ―盲導犬のオスカー君が襲われた事件について、その後の様子を知りたくて参りました。

 「すみませんが、取材はお断りします」

 ―オスカー君は元気ですか? 
 「もう勘弁してください。色々とあったので、心身共にすっかり疲れました、すみません……。今はそっとしておいてください」

 オスカーは家の中にいる様子だ。事件以降、飼い主とひっそり暮らしているのだろう。前出の飼い主の知人が続ける。

 「騒動以来、外出することもできず、ふさぎ込んでいるんです。インターネットの掲示板に『自作自演か』、『飼い主が虐待していたんじゃないか』という根も葉もないことを書かれていると聞かされて、ショックを受けていました」

 オスカーの傷はすでに完治していて、今となっては皮膚病だったか否かを確かめるのは難しい。だが、一つ言えるのは、日本中が存在もしない「刺傷犯」に向けて、罵倒と怨嗟の声を浴びせていた、ということだ。

 評論家の呉智英氏は、オスカー事件に現代社会の問題が表れていると見る。

 「今回の事件は、事実の検証が済んでいないにもかかわらず、飼い主より周囲が先に動いてしまったがために、これほど大きな騒ぎとなってしまった。個人的な『善意』と、自分も社会に参加しているという『使命感』、この二つの暴走が招いた事件と言えます」

 一般市民だけでなく、政治家や芸能人もここぞとばかりに騒ぎ立てた。

 連日「お涙ちょうだい」とばかりに煽りまくったワイドショーに対して、元日本テレビ解説委員で法政大学社会学部教授の水島宏明氏が苦言を呈する。

 「最近では佐村河内守氏の嘘に振りまわされてしまったことが象徴的でしたが、メディアの中でも特にテレビは、泣ける話や同情を誘う話題に弱い。真偽の確認より、『話が盛り上がる』方向にばかり進んでしまう。あまりにも短絡的です」

 話題性があるからと事件に飛びついた警察もお粗末だった。

 「普段なら突っぱねる被害届を受理して、何十人もの捜査員を投入し、存在しない犯人を捜していたとなれば、税金の無駄遣いも甚だしい。捜査すべき他の重大事件があるはずです」(前出の全国紙記者)

 本人の思いもよらぬ形で、全国の注目を浴びてしまった飼い主の男性とオスカー。彼らこそが、犯人がいないこの事件の「被害者」と言えるだろう。

 「週刊現代」2014年11月22日号より

 

引用先

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141118-00041100-gendaibiz-bus_all&p=3

• タグ: 衝撃 事件 真実



過去記事一覧
おすすめのタグ


おすすめのタグ


AWESOME!! 記事一覧へ