新着

【閲覧注意】【衝撃映像】約100年前の見世物小屋で働いていた女の子

見世物小屋

奇形の子供や性行為を覗き穴で見せるなど、文字通り何でも見世物にした。横浜で『ジャパン・ヘラルド』の主筆を務めたブラック(快楽亭ブラックの父)が1872年(明治5年)に皇居近くの神田橋周辺で、むしろがけの小屋で不快な見世物(ウサギの死体を食いちぎる子供)を見たことをきっかけとして、同年11月8日に東京府が「違式詿違条例」(今の軽犯罪法にあたる)を布達する[注 2]。また、東京においては1891年(明治24年)10月3日の警察令第一五号「観物場取締規則」により、興行場所を浅草公園六区(浅草奥山のすぐ隣りの地区)の一箇所にまとめられた。地方においては巡業形態が続いた。時には、誘拐された子供が人身売買で、足の筋を切られた被虐的な道化役や、見世物として覗き穴の娼婦にするために売り飛ばされてきた例もあったという。社会福祉が発達していなかった頃には、身体障害者が金銭を得る為の仕事であり生活手段の一つでもあった(中村久子など)。昭和50年代以後には、身体障害者を舞台に出演させて見世物とする事などに対して取締りが行なわれるようになった。

Wikipediaより引用)

 

• タグ: 衝撃 恐怖



過去記事一覧
おすすめのタグ


おすすめのタグ


AWESOME!! 記事一覧へ