新着

世界最強と言われる米海軍の最新兵器、レールガン(電磁加速砲)がついに一般公開。

かねてから研究を続けていた、米海軍の最新兵器、レールガン(電磁加速砲)は、マッハ7を上回る速度で弾丸を発射し、射程距離も160kmを超えるという。昨年はピアヘッド級高速輸送船(JHSV-3)に搭載して、海上実験が行われていたのだが、今月4日、ワシントンDCの海の未来科学技術エキスポにてついに一般公開されたそうだ。

このレールガンは、電位差のある二本の伝導体製のレールの間に電流を通す伝導体を弾体としてはさみ、この弾体上の電流とレールの電流に発生する磁場の相互作用によって、弾体を加速して発射する仕組みとなっている。

2

 おもに電池などの部品で動力を引き出し、電磁気エネルギーを使って発射する為、弾の速度が従来方式に比べはるかに速く、射程も長くなる。また、火薬などの爆発推進体につきものの安全面の不安が解消された。

6

 また、レールガンは連射も可能である。116キロメートル離れた目標に対して、1分以内に20発のロケット弾を撃ち込むことができるという。

 また、通常のミサイルよりも砲弾の価格も格安だ。ミサイルが1発50万ドルから150万ドルもするのに対し、レールガンの砲弾は2万5000ドルですむという。

7

 米海軍は今後さらに、射程目標を360キロメートルにまで伸ばす為の開発を進めるそうで、将来的には宇宙の輸送装置などに役立てていきたいそうだ。

 

• タグ: 米軍 兵器 戦争



過去記事一覧
おすすめのタグ


おすすめのタグ


AWESOME!! 記事一覧へ