新着

上原多香子、夫との収入格差

ヒップホッブグルーブET‐KINGのTENN(享年35)が愛妻・上原多香子(31)を残し、自宅マンションの駐車場の車内で首を吊ったのは1ヶ月前。
彼は精神的にも収入的にも追い込まれていたという。

じつは昨春のET-KING活動休止をもってレコード会社との契約は打ち切られていた。精神的にも収入的にも追い込まれていたようだ」(音楽関係者)。
そんな夫とは対照的に上原は二夫との時間を大事にしたい』と仕事をセーブしていたが、SPEEDで一世風扉した功労者だから年収は2千万円以上ある」


そのころTENNはET‐KINGのメンバーらとパチンコのイベントに出演。「作詞作曲以外の基本的なギャラはメンバー7人で7等分。その日のギャラは約100万円だったが、事務所の取り分などを除くとTENNが手にしたのは4万円ほど
好きな音楽の道、美女との結婚…男の夢をかなえ続けるのは難しいのか。
(引用 FLASH)

100万円のギャラの仕事でも彼の手元に残るのはたった4万円だったとは…。
格差婚が彼にはプレッシャーだったのだろうか…。

 



過去記事一覧
おすすめのタグ


おすすめのタグ


AWESOME!! 記事一覧へ