新着

イギリスで問題となっている笑気ガスを風船に入れて吸うトリップ方法  絶対マネしないで!!

イギリスの若者たちの間で、ヒッピークラック(Hippy Crack)と呼ばれる風船ドラッグが流行しているそうです。これは、風船に笑気ガス(亜酸化窒素)を入れて吸うというもので、今のところ違法ではありません。吸引すると一瞬強烈な多幸感を感じるそうですが、持続性はなくすぐに収束してしまうため、一度に何本も吸う人も多く、アルコールや薬物などとの併用、不純物の混入などにより死者もでているそうで、問題視されています。

 1本の笑気ガスは3ポンド(515円)と、非常に手軽な値段で買えることから若者たちを中心に急速に広がりをみせています。英国の調査によると、ヒッピー・クラックを常用している16~24歳は46万人もいるそうで、これはこの世代の人口の約7.6%にあたります。

1_e31

2_e31

3_e29

6_e18

7_e15

8_e16

 笑気ガスの成分は亜酸化窒素で、吸入すると麻酔効果や陶酔効果があることが知られています。歯科治療の時、麻酔注射やドリル研磨、抜歯などの恐怖心が緩和する為に笑気ガスを利用する場合があります。

 笑気ガスを吸うと、強烈な多幸感を感じるそうで、その陶酔は、コカインの吸引にたとえられています。ただし持続性はないそうで、一瞬にしてその陶酔感は失われていきます。

11_e7

12_e7

13_e6

 多用したり、急速に吸い過ぎた結果、心臓を傷つけたり呼吸困難に陥るという事故が発生しているそうで、イギリスでは既に数十人の死者が出ているそうです。

 週末の夜、町のいたるところで風船ドラッグを吸う若者たち。路上にはおびただしい数の割れた風船や笑気ガスの入った小型のボンベが散乱しています。

14_e4

15_e3

17_e3

18_e3

19_e3

20_e4

21_e2

24_e0

 タイでも「ファンキーボール」という名で販売されており、問題となっていますが、タイでは亜酸化窒素の販売は許可制なので、笑気ガス入りの風船を売ると逮捕されます。



過去記事一覧
おすすめのタグ


おすすめのタグ


AWESOME!! 記事一覧へ